民生ロボット用センサ 取扱い企業

ランダムパターンプロジェクター

ランダムパターンプロジェクター

独自の回折光学技術に基づき開発したランダムドットパターンのレーザー光源です。
産業用アプリケーションに対応出来る様に設計致しました。当社では優れたビームシェイピング技術をベースに各種レーザーパターン投映を実現致します。
特長                       
◆EYE SAFEバージョン クラス1実現
◆最大100,000ランダムドット
◆産業アプリケーション用に設計
◆高い位置安定性
◆高い出力安定性
◆焦点可変設計
◆静電気、過電圧、過温度保護機能
用途・応用
3Dマシンビジョン
ステレオカメラシステム
3Dピッキングシステム
ロボット視覚センサー
広域三次元計測
位置認識・動作検出
画像解析
その他
*ランダムパターンプロジェクターとは?
ランダムドットパターン(RPP)はドットマトリックスパターン、
例えば100pixels x100pixelsにおいて総ドット数(10000ピクセル)の10%のドット(1000個)がランダムに光る設計です。それぞれの光るドットの周りは少なくとも8個の暗いドットで構成されており光ドットが接触することはありません。そのパターンはそのマトリックスの中心に対して対称的です。

資料請求する

ページの先頭へ

//