特集・解説記事

    味と匂いのセンシングの現状と展開(3)

    九州大学高等研究院/ 五感応用デバイス研究開発センター 特別主幹教授/特任教授 工学博士 都甲 潔 3.人工嗅覚システム 化学物質を受容する嗅覚レセプターは「化学物質の特徴的な分子構造」を認識する。そのため、ある1種類の […]

    においセンシングの現状とこれからの展開(3)

    (株)島津製作所 分析機器事業部 喜多 純一 4.複合臭測定ににおい識別装置を利用した事例 3項で記載したように、電子鼻が複合臭分析に不可欠であれば、複合臭の象徴であるマスキング効果を評価できるはずである。 そこで、実際 […]

    味覚センサで世界をむすぶ(3)

    (株)インテリジェントセンサーテクノロジー 代表取締役社長 池崎 秀和 4 今後の激動の30年で味覚センサに期待されること 今後、従来の官能検査だけでは対応ができなくなることが予想される。それは、世界中が豊かな世界と世界 […]

    味と匂いのセンシングの現状と展開(2)

    九州大学高等研究院/ 五感応用デバイス研究開発センター 特別主幹教授/特任教授 工学博士 都甲 潔 2. 味覚センサ 味覚センサは脂質と可塑剤、高分子をブレンドした膜(脂質/高分子膜)を味物質の受容部分とし、この複数の受 […]

    味覚センサで世界をむすぶ(2)

    (株)インテリジェントセンサーテクノロジー 代表取締役社長 池崎 秀和 2.2 味を目標にあわせながらコストダウンを図る最適設計 食品メーカーでは、コストダウンを目的に、味覚センサのデータに基づいて、計算によって食品の最 […]

光技術マガジン オプトロニクスオンライン