カテゴリ: 特集

全204件中 1〜10件目を表示

ロボットによる海洋計測(3)

長崎大学副学長・教授 山本 郁夫 他にも、筆者らは、海中の生物の生活環境を乱さず観測できる魚ロボット(図10-図15等)を開発している。本物そっくりに泳ぎ、カメラを搭載すれば海中生物の自然体な生息状況を観測できる。 図1 […]

水中ロボットの測位用センサ(3)

東京大学生産技術研究所 海中観測実装工学研究センター 特任助教 松田 匠未 東京大学生産技術研究所 海中観測実装工学研究センター 准教授 巻 俊宏 3.研究事例紹介 ここまで水中ロボットの測位センサを紹介してきた。水中で […]

AIを用いた掘削現場でのトラブル回避技術の開発(3)

(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 草薙 和也 3. 掘削データへのAI適用によるトラブル検知 掘削作業中のトラブルには掘削中の地層の地質性状を含め、その時々の様々な掘削条件が影響しているが、抑留についてはそのメカニズ […]

ロボットによる海洋計測(2)

長崎大学副学長・教授 山本 郁夫 また、海洋計測は水中ロボット以外の方法もある。例えば、図7に示すような船型ロボットにより採水装置を海中に下して海水を採水し、環境汚染調査を行ったり、人工衛星により海の表面の画像を取得し赤 […]

水中ロボットの測位用センサ(2)

東京大学生産技術研究所 海中観測実装工学研究センター 特任助教 松田 匠未 東京大学生産技術研究所 海中観測実装工学研究センター 准教授 巻 俊宏 他にも音響発信・受信器を用いた測位方法がある。トランスポンダと呼ばれる特 […]

Blue Economyと日本・スコットランドの協業(2)

英国大使館・スコットランド国際開発庁松枝 晃 1-1.石油・ガス 北海油田開発の時期から数えると、50年以上の歴史がある。 これまで、435憶バレル相当の石油・ガスが採掘されている。2014年以降の油価下落後も、生産量は […]

AIを用いた掘削現場でのトラブル回避技術の開発(2)

(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 草薙 和也 2. 石油開発 石油開発業界では海洋への進出が近年の大きなトレンドとして挙げられ、陸上に比べて多額の投資を必要とする海上での開発プロジェクトでは作業効率・コストの最適化へ […]